子どもの将来のために中学受験!

中学受験。これは、多くの保護者が、子どもに受けさせるか迷うものだと思いますが、これに関しては「受けさせるべき」でしょう。
というのは、第一に中学受験をしている子としていない子では、学力において明確な差が出るからです。

実は、中学受験に必要な知識は、高校入試に必要な知識と重なっていることが多いのです。実際、中学受験を終えた小学6年生は、(国語の古典や社会の公民などは厳しいようですが)高校入試レベルの国語・社会・理科は、ある程度点数を取れます。

また、数学に関しても、高校入門レベルの数列なら勉強してしまいます。
つまり、小学6年生時点で、中学受験組と非受験組では、学年において2年〜3年分の知識の差が出ていると言えるでしょう。

若い頃のこのような差を、残り中学・高校の6年間で巻き返すことは可能なのでしょうか?勿論不可能だとは思いませんが、かなり難しいのが実情だと言えるでしょう。

加えて、小学生等の幼いころに、なんでも習慣づけることが大切だと思います。
中学受験をすれば学習習慣が身につくことも、そのメリットとして挙げられます。

他にも、小学生の間は何といっても頭が柔らかく素直ですから、すぐに吸収できるという点からも、中学受験は有用でしょう。
中学受験、子どもの将来のことを考えば、受ける価値は十分にあるでしょう。キレイモキャンペーン